海外生活

【 クラウド管理 】 Macbookをバックアップする方法 【 ノマド必見 】

【 クラウド管理 】 Macbookをバックアップする方法 【 ノマド必見 】

この記事ではMacbook(MacOS)をクラウドでバックアップする方法やデメリットなどを記載しています。

 

「Macbookをいつでも安全にバックアップできるようになりたい」

ってMacbookをずっと使っていると誰しも一度は考えたことないですか。

普通はTimeMachineにハードドライブを繋げて保存ですがハードドライブも壊れそうで不安です。

 

というか、海外にいるといつ、バックパックを丸ごと持ってかれて身ぐるみ剥がされるのか分かったものではありません。

保険金は降りてもデータは帰ってきません(辛

 

僕は住所不定を名乗っているのですが、海外に中期で滞在しているタイミングに全然バックアップできなくて、Google DriveやDropboxでバックアップできないかなーと思っていた時期がありました。

ですが以外にそんなサービスってあまりないんですよね。

気がついたら227日間もバックアップしてませんでした。これはヒドイ。

 

流石に危機感を覚えて、海外の情報を漁ってみました。

するといくつかクラウドバックアップ先の候補が見つかって、実際に決め手となったサービスがあったので使ってみました。紹介します。

結論:Acronis True Imageが今のところ無難

まずは無料でクラウドでバックアップを始める人はこちら

Acronis True Imageを使ってMacbook(MacOS)を丸ごとクラウド保存ができました。

 

僕はこの記事を書いている当日にこのサービスを使い始めました。(30日間は無料のものを選びました)

 

Acronis True Imageというサービスは、2003年から企業向けにもバックアップサービスを提供しているアクロニクスという会社が運営しています。

 

アメリカとドイツをメインに利用されていて、1000人を超える会社で日本にも支社があるので会社が運営しているので社会的信頼もそこそこあると思います。

 

クラウドバックアップ機能をうたっている会社の中で唯一の日本語対応です。(2019年3月の確認)

決め手のポイント

決め手ポイント

①. 最新技術も取り込んでいてサイトもしっかりした雰囲気でていた

②. バックアップサービスの価格帯は相場だった

③. 操作が簡単そうで会社の歴史も長いしセキュリティが一番まともそうだった

他のサービスは1世代前なサイトのデザインでした。

 

サイトの雰囲気って会社がどれだけ最新情報をキャッチアップしようとしてるのか伝わる部分なので何気に僕は気にします。

(アクロニクスは2019年では先端のマテリアルデザインを採用してる)

 

年間料金に関しても特に高い方ではありません。

僕のMacbookはSSD256GBなんですが250GBのプランだと年間5480円とハードドライブを買うのとあまり変わらない金額です。(500GBだと7680円)

 

そして使いやすさが半端ないです。

画像はアプリの初期画面なのですが数クリックでAcronis Cloudを選択すればクラウドバックアップを取ることができました。

他のサービスはどうだったの?

「iDrive」

「Carbonite」

「Backblaze」

この3つが世界では割と有名で最初に紹介されていたのですがバックアップ先にしたいと思えませんでした。

 

「iDrive」は2TBを 54ドル/年間 でバックアップできて容量のコスパは間違いないのですが悪いレビューを見ると、サポートがあまり宜しくないようです。

安かろう悪かろうという印象ですね。(5GBを無料で保管できる)

大量に安く、の選択肢にはアリですが本体のバックアップさえ取れれば十分な僕にはアンマッチでした。

 

「Carbonite」は70ドル台と比較的に高めなのですが、使いやすそうで、最初の候補にしました。

ですが、どうもレビューを見るとバックアップしたデータをインストールできなかった旨の情報が多くやめておきました。

サクラのレビュー評価な雰囲気も少しあったのですが他に候補があるのに無理して選ぶ気にはなれませんでした。

 

「Backblaze」はちょっと特殊でデータのアップロードに時間がかかる変わりに安い金額で保管できるようです。

ただし、ダウンロードも時間がかかるようです。ちょっと本体のバックアップ先としては向いていないと思いました。

不安なポイント

いろいろ比較してのAcronisだったのですが、クラウドでバックアップする全般で不安に感じたポイントがあります。

①個人情報が抜かれそう

②バックアップを確実にこなしてくれるのか疑問

③HDDの方が安上がり

個人情報に関しては元NASのスノーデンが「Google Driveにデータは預けるな」など言っていることもあって、情報が吸い取られている噂はあります。

 

ただ、そんなことを気にしていたらネットがほとんど触れなくなっちゃうんですよね。

クラウドにバックアップを取るのであればいろいろと浮気せずに最低限に利用するのが個人の現実的な選択かなと思います。

 

Acronisに至っては上位プランでブロックチェーンにデータ書き込みの履歴保管ができるそうで、他人が手を加えにくくなっていて比較的にマシだと思います。

 

バックアップを確実にこなしてくれるのかもちょっと不安ですよね。

クラウドバックアップするサービス全般の悪いレビューを見ていたら100%上手くいくのかちょっと怪しいなと思いました。

 

そして、サブスクリプション型なので毎年課金しないといけませんね。

HDDは壊れるまで無限に使えますから、割高になります。

 

とは言っても、クラウドで個人データだけ「壊れる」なんてことは起こらないし、物理的に管理しなくて良い利便性も買っていると思えば僕は高くないかなと思います。

ハードとクラウドのコンビネーションが今は最強

今のところクラウド式のバックアップサービスの決定版なサービスはない印象を受けたので、ハードの方にもできれば保管しておくのが良さそうです。

 

僕は海外にいる期間が長くなってきているのですが、HDDは国内のminikura(ミニクラ)という倉庫サービスに預けて出国しています。

帰国したら取り出してまたバックアップをとる、という方式ですね。

 

なので、国内から出るとバックアップできません。

かといって大きな容量のSDカードやUSBでコンパクトに持ち運んでも荷物を丸ごと盗まれたら意味がないんですよね。

 

なのでハードの他にクラウドでバックアップをとりたいという切実な願望がありました。

 

個人情報についてはクラウドにアップしないに越したことはないのですが、ある程度、セキュアなところだと分かれば良いかなと思いました。

丸ごと物理的に盗まれてデータを失う方が痛いので。

 

あと、クラウドのバックアップ業界は変化が激しいようでして、Acronisは2003年から続いてますけど他のサービスは終了したり誕生したりのサイクルが早いそうです。

 

会社が倒産されても困るので持ち運び用でUSBかmicroSDなどにバックアップを取っておいてハードとクラウドのダブル管理が現状では最強な組み合わせだと思います。

 

裏技?Acronicsを安く買える

僕は試用期間の最後まで使って1円でもお得にAcronisを使おうと粘っていたら、「30%オフの通知がきました

250GBで3836円!これは安い…契約しました。

Macbookをバックアップするクラウド保存の方法  まとめ

・本体オンリーのクラウドバックアップは今のところAcronisが無難

・30日間無料で使える

・Acronisなら数クリックでバックアップを開始できた

・コストだけならハードディスクの方が上

・クラウドバックアップだけだと不安なのでハードディスクにもバックアップを取っておく

物理的にバックアップしたハードを安全に管理できない人、

仕事のデータなど、失うと大きな損失を被りそうな人、

HDDがデカくてうざったいけど、USBやSDカードだけだと不安な人、

 

こうした人がクラウド管理は大アリだと思います。

まずは無料でクラウドでバックアップを始める人はこちら